沿革

昭和43年 1月 島文工業株式会社の鉄工業を引き継ぎ、株式会社島文製作所を設立
昭和55年 6月 加古川市尾上町に尾上工場を開設
平成元年 3月 本社を加古川市に移転
平成2年 1月 社名を、シマブンエンジニアリング株式会社に変更
平成2年 3月 神南ハード工業株式会社を吸収合併し播磨工場を開設
平成8年 6月 曽根工場を播磨工場に移転集約
平成10年 4月 尾上工場を播磨工場に移転集約し、本社を加古郡播磨町に移転
平成15年 4月 クレーン及び移動式クレーン等に係わる性能検査代行機関として
厚生労働大臣に指定され事業開始
平成15年 10月 デリック、エレベータ及びゴンドラに係わる
性能検査代行機関として厚生労働大臣に指定され事業開始
平成16年 3月 登録性能検査機関に登録される
平成16年 7月 中国法人杭州島文機械有限公司を設立
平成20年 7月 中国法人杭州島文機械有限公司の新工場を建設
平成20年 10月 ISO9001:2000,JISQ9001:2000を取得
シマブンエンジニアリングマシナリー株式会社を設立
平成22年 6月 エコアクション21認証登録
平成23年 8月 中国法人浙江島文工程機械有限公司を設立
平成23年 12月 中国法人浙江島文工程機械有限公司の新工場を建設
平成26年 10月 クレーン検査事業部を分社化し、クレーン検査株式会社設立
平成27年 6月 淅江島文工程機械有限公司を杭州島文機械有限公司へ統合
平成27年 9月 播磨第二工場を建設
pagetop
Copyright © 2014 SHIMABUN ENGINEERING CO., LTD. All Rights Reserved.